登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

ハウスメーカーと工務店の違いとは?

ここでは、分からない人も多い「工務店」と「ハウスメーカー」の違いについて、丁寧に解説しています。どこに注文住宅づくりを依頼するか迷っている方はぜひ参考にしてください。

ハウスメーカーと工務店の大きな違い

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーと工務店の明確な定義はないのですが、一般的には、全国展開している大きな住宅会社で、「●●ハウス」「●●ホーム」など独自の住宅ブランドをCMで宣伝しているような、知名度の高いところを指すことが多いです。

工務店とは

一方の工務店は、ハウスメーカーとは違う地元密着型の住宅会社を指すのが一般的です。社長自身が施工などを行う工務店も多くあります。

会社の規模、施工エリアの違い

ハウスメーカーの規模と施工エリア

ハウスメーカーは全国的に広く展開している大規模な住宅会社を指すのが一般的です。そのため施工エリアは広く、多くの会社が全国各地に営業所や支店を設けています。各地の住宅展示場でモデルハウスを体験できることが多いのも魅力です。

工務店の規模と施工エリア

ハウスメーカーに比べて会社の規模が小さいところを工務店と呼ぶことが多いですが、最近は広く展開している工務店も増えており、一概には言えません。ただ、基本的には地域密着型で活動しているところが多いようです。

プランの自由度の違い

ハウスメーカーの自由度

多くは、「●●シリーズ」といったように、規格化された商品ラインナップの中から好きな住宅タイプを選び、定められた範囲内でカスタマイズしながら進めていきます。そのため、自由度は工務店に比べると低いでしょう。

工務店の自由度

工務店の場合は、ハウスメーカーのように規格商品が用意されているケースよりも、一から一緒に作り上げていくケースが主流です。そのため、自由度の高い注文住宅づくりをしたい方には工務店の方がおすすめ!

価格の違い

ハウスメーカーの価格

CMなどの広告費に費用をかけていることも多く、その分工務店に比べると費用は割高になることが多いでしょう。

工務店の価格

宣伝費をかけていないほか、すべて自社管理で行っている(中間マージンがかからない)会社が多いため、ハウスメーカーに比べると費用は抑えられる傾向にあります。

施工の精度の違い

ハウスメーカーの施行

大規模会社多いハウスメーカーでは、家づくりの工程における多くのステップを工場で行うのが主流。そのため、建築材の精度が高いことが多く、仕上がりの品質も一定であることが特徴です。

工務店の施行

一方の工務店は、工場ではなく現場で家を建てていくのが通常。つまり、職人さんの腕次第というところがあります。品質に信頼がおけるところを選びましょう。

工期の違い

ハウスメーカーの工期

上の項目で説明したようにハウスメーカーは、施工の工程を、システム管理された工場で行うことが主流です。効率よく施工が進むため、工期は工務店に比べて短いことが多いでしょう。

工務店の工期

工場ではなく、現場ですべての施工を行う工務店の場合、工期はハウスメーカーに比べると長くなることが多いようです。もちろん、住宅の仕様や広さなどにより大きく異なるので、打ち合わせでしっかりと確認しておきましょう。

アフターメンテナンス

ハウスメーカーのアフターメンテナンス

大手企業であるハウスメーカーの場合、保証制度やアフターメンテナンス制度がきっちりとしていることが多いです。

工務店のアフターメンテナンス

工務店の場合は、会社によってアフターメンテナンス体制が大きく異なります。ただ、地域密着型の会社が多いため、何か不具合が生じた際や不安がある際などは、迅速に駆けつけてくれることが期待できるでしょう。

工務店の方が自由度が高いといってもハウスメーカーでも完全自由設計とよく聞きます。何が違うのでしょうか?
須藤さんイラスト
SUDOhome
須藤さんの見解

完全自由設計と謳っている会社は、その言葉の通り工務店と同等の自由性はあると思います。

しかし、大手さんになると内規があり工法・建材・仕様の制限が多くある事が一般的です。間取りは自由でも仕様建材に制限があるという事になります。

中村さんイラスト
スタジオ・チッタ
中村さんの見解

間取りの寸法や仕上げの自由度が違います。スーツでいうとセミオーダーと通常のオーダーメイドのような感じより自分たちの好みに近づけることが可能です。

小林さんイラスト
タウンズホーム
小林さんの見解

単純に選べる幅がハウスメーカーと工務店では大きく違ってくると思います。

工藤さんイラスト
工藤工務店
工藤さんの見解
工務店のほとんどは完全自由設計がほとんどだと思いますが、ハウスメーカーさんでも自由設計も各社によって違います。完全にゼロから自由設計をされるハウスメーカーもございますし、プラン集から好みの一つを選ぶのも自由設計といいますので、一概に比べるのも難しいです。

住宅展示場でハウスメーカーの営業の方にうちは自社施工が売りですとお聞きしました。みんな自社施工じゃないの?
須藤さんイラスト
SUDOhome
須藤さんの見解

ハウスメーカーや設計事務所などは、基本的には自社施工ではなく、協力業者としての工務店が存在します。ハウスメーカーの現場監督は、お客様との打合せ内容を工務店に伝え、工務店の現場監督が各職人達の作業手配・管理を致します。

小林さんイラスト
タウンズホーム
小林さんの見解

ハウスメーカーの場合はオリジナル商材を外注の業者に依頼して施工を行う事が多いですね。

中村さんイラスト
スタジオ・チッタ
中村さんの見解

会社によっては一括発注で他社工務店で施工をお願いするところもあります。

工藤さんイラスト
工藤工務店
工藤さんの見解
ハウスメーカーの営業の方が自社施工というのであればそうなのでしょう。ほとんどのハウスメーカーは、下請けの工務店さんが工事されていると思います。

アフターサービスで工務店は魅力的だけど保証などを考えると将来的に倒産のリスクを考えるとハウスメーカーの方が安心?
須藤さんイラスト
SUDOhome
須藤さんの見解

安心の定義が不明ではありますが、倒産等のリスクは大手の方が少ない事は事実かと思います。

しかし、ハウスメーカーのアフターは良くも悪くも規定通りしかありません。工務店の場合一概には言えませんが、人~人の繋がりが深い為、規定以上の対応をしてくれる会社も多いのではと思います。

工務店も増えてきている事象ですが、ハウスメーカーさんなどでは、一般的に外部委託先若しくは別部署にてアフターサービスを実施しておる為、家造りを共に行った担当者がアフターを担当することはありません。

小林さんイラスト
タウンズホーム
小林さんの見解

現在は大手でも倒産のリスクはかわりません。アフターはサービスを受けてこその魅力なのです。倒産はしないと思われる大手ハウスメーカーで安心を求めたがアフターは一度も来ない、などよく聞きます。

耐水住宅ってハウスメーカーじゃないと無理?
須藤さんイラスト
SUDOhome
須藤さんの見解

『耐水住宅』という表記にて家造をしているのは、現段階では一条工務店さんしかないのではないでしょうか?

小林さんイラスト
タウンズホーム
小林さんの見解

無理ではないですがそれなりの費用が掛かります。耐水住宅にする以外にも耐水に対して出来ることが他にもあると思います。

中村さんイラスト
スタジオ・チッタ
中村さんの見解

お金をかければ可能ですが基本的に行ってないですね。

工藤さんイラスト
工藤工務店
工藤さんの見解

断熱材の吸水性がなく、高気密住宅が作れれば可能です。

省エネでエコな住宅にしたい。ハウスメーカーと工務店どっちがおすすめ?
小林さんイラスト
タウンズホーム
小林さんの見解

エコ住宅に関しては工務店の方が間違いなく性能が高くなります。設計の自由度が高い工務店の方がより省エネでエコを重視したご提案が可能です。

須藤さんイラスト
SUDOhome
須藤さんの見解

ハウスメーカーの場合企画住宅を多いので性能面においては一定の基準を保有していると思います。

一方、工務店については、実際に性能面において疎い会社も数多く存在している事は事実かと思います。工務店の場合、みなが一定にというより技術力や知識力はピンキリだと思いますので、しっかりと見極めが必要だと思います。

中村さんイラスト
スタジオ・チッタ
中村さんの見解

省エネ、エコだけこだわるのであればどちらでもスペックを上げることは可能です。その他、何を優先するかで選択が変わるのでは?

工藤さんイラスト
工藤工務店
工藤さんの見解

ハウスメーカーさんの省エネの考え方は、機械設備を使用するアクティブな考え方、工務店は設備機器を使用せず、高断熱・高気密、日射遮蔽と日射取得を設計的に考えたパッシブ的な考え方です。オススメかは住まれる方がどちらを選ぶかになります。

取材協力:千葉good工務店会
家づくりを通して
千葉に暮らす人々を幸せに

千葉good工務店会の取組み

千葉good工務店会は、須藤建設、工藤工務店、タウンズホーム、スタジオ・チッタの4社からなる団体です。工務店の家づくりを広めるべく、それぞれがライバル同士でありながら互いに協力し、家づくりの知識やスキルの向上をはかり、地域と未来への貢献及び慈善活動し、家づくりに親しんでもらうイベントなどを開催しています。